ふつう屋ブログ

9/11発売!無印良品の「糖質10g以下のお菓子」レビュー

ダイエット

みなさんは、甘いものってやめられますか?

私は食べること自体が大好きで、特に甘いものには目がないので、身体に悪いとわかっていても、どーーーしてもやめられません。

 

厚生労働省国民健康栄養調査によると、現在、日本の人口の約4分の1が肥満といわれているそう。

糖質の過剰摂取が原因のひとつです。

 

あ~確かに糖質を過剰に摂取してる自覚はある…。

でも、もちろん健康や体型は気にしています。

今の状態をキープしながらも、美味しいお菓子はやめたくない!

 

そんな自分に甘い私は、数日前にこちらの情報を見かけて飛びつきました。

「無印良品が糖質10g以下のお菓子を発売」

なにー?!これは楽しみ!

無印良品といえば、シンプルで質の良い商品でお馴染みですよね。

お菓子も例にもれず、シンプルで素朴な味わいなので大好きです。

本日、9月11日が全国発売とのことなので、さっそく無印良品に行ってまいりました!

 

「糖質10g以下のお菓子」のコンセプト

■無印良品が考える商品コンセプト
無印良品は、4つのポイントで「糖質10g以下のお菓子シリーズ」をつくりました。
①きちんとおいしい : 糖質が10g以下でも、きちんとおいしい商品。
②品揃えが豊富 : 半生菓子、焼き菓子、チョコレートと種類豊富に30アイテムの品揃え
③選びやすい売場 : 売場は全30アイテムを1スパンで展開
④糖質が10g以下に統一されている : 全アイテム糖質10g以下と基準を明確化

出典元:良品計画プレスリリース

 

私がまず気になったのが、美味しいかどうか。
糖質が10g以下で健康的だといっても、美味しくなければ食べていて気分が下がりますよね。

美味しいお菓子と飲み物で、ホッと一息つくのが私の癒しの時なので、お菓子の質にはこだわりたい。

こちらは、コンセプトの1番最初に「きちんとおいしい」というのが来ているので、期待できそうです!

では、感想を書いていきます。

私が選んだお菓子の感想

さすがに30アイテム全部を食べるのは無理なので、半生菓子、焼き菓子、チョコレートの中からいくつか選びました。

ホワイトチョコレート40g ¥190

ホワイトチョコ

食べた瞬間、「うまーーーー!」でした。

もうね、普通に美味しいホワイトチョコ。

この甘さで糖質10g以下?逆に普通のチョコレートはどんだけ砂糖を使ってるんだろってくらいちゃんと甘いです。

で、ココナッツの食感と香りがしっかりします。

ココナッツ好きにはたまらないおいしさ!

いやほんと、これは今後も買い続けると思います。

バナナマフィン1個 ¥120

バナナマフィン

これもほんと美味しい。

口に入れたとたんに、ふわぁ~とバナナの味が広がります。

しっとりしていて、パサパサ感は全くないので、とても食べやすいです。

なんなら飲み物がなくてもいけるくらい。いや、飲むけども。

しっかり甘いので、ちゃんと甘いものを食べた気持ちを味わえます。

半熟カステラ1個 ¥150

半熟カステラ

個人的に1番気になっていたのが、こちらの半熟カステラ。

半熟ってどんな食感なんだろ~ってわくわく。

食べた結果、「とってもしっとりふわふわ」なんだということが判明して満足です。

 

特にびっくりするような感じはないけど、こちらも甘いものを食べたという満足感を得られます。

ショコラとオレンジの大豆バー1本 ¥150

大豆バー

パフの食感と、オレンジピールのアクセントが効いています。

サクっとしたバーではなく、もっちりしていて噛み応えがあるタイプ。

噛みしめるたびに、素材のシンプルな味が美味しいな~としみじみ感じました。

仕事中、小腹が空いた時なんかにも良さそう。

大豆粉などを使っていて、食べていてもヘルシーな感じがしました。

チーズとほうれん草のサブレ35g ¥250

サブレ

ここからは、甘さ控えめなタイプになります。

パルメザンチーズの風味がしっかりしていて、後味がほのかに甘いほうれん草の味もするような。

私は繊細な味覚を持っていないので、ほうれん草が入ってますよ~と書いてなかったら全く分からなかったと思います。

しっとりほろっとしたサブレで、パクパク食べやすいサイズでした。

見た目もかわいいので、子供が喜んで食べてましたよ。

紅茶ドーナツ1個 ¥120

紅茶ドーナツ

こちらはパッケージに「甘さ控えめ」と書かれていたので、どの程度の甘さなのかなと思って買ってみました。

食べてみたところ、確かに甘さは控えめだけど、紅茶の風味がはっきりしていて味気ないということは全くないです。

ここまでしっかり紅茶の風味がしてくれると、食べた感があっていいですね。

ザクザクしたドーナツではなく、しっとりタイプの軽いドーナツです。

ショコラクグロフ1個 ¥150

クグロフ

まず、クグロフって何?

見た感じマドレーヌだけど。

調べてみたところ、クグロフとはアルザス地方を代表するお菓子のひとつで、お祝い事やクリスマスなどの際に焼く習慣があるそうです。

ふーん……。

まぁとにかく食べましょうか。

若干甘さ控えめ。カカオのビターな感じとナッツの風味がよく合います。

小麦粉を使わずに、大豆粉や小麦ふすまを使っているそう。

こちらも、しっとりしているタイプで、口の中の水分を全部持ってかれる心配はありません。

値段が良心的

だいたい100円台のものが多く、高くても250円です。

おいしいけど値段が高くてなかなか手が出ないということもないので、気軽に買うことができますね。

ヘルシーでシンプル

大豆粉や小麦ふすま、アーモンド、ごま、はちみつ、さつまいも、ほうれん草など、素材そのものがヘルシーです。

変に手を加えずにお菓子が作られていて、素材の食感や風味・香りをシンプルなまま楽しめました。

こういうお菓子なら、子供に食べさせるのも安心ですよね。

結論、糖質10g以下のお菓子は「きちんとおいしい」

気になった商品はありましたか?

いやほんとにね、これだけちゃんと甘いなら、この世の全てのお菓子が糖質10g以下でもいいんじゃない?てくらい普通に甘くて美味しかったです。

いつも食べていたものが、どれだけ甘過ぎるかが分かったし、本当は甘さってこの程度で十分なんだなということも新鮮な発見でした。

甘さ控えめのタイプも、それぞれ素材の風味がしっかり感じられるものばかりで、かなり満足感を得られます。

バリエーションも豊富なので、選ぶ楽しみがあるし飽きがこないのでいいですね。

ダイエット中にご褒美で食べても、罪悪感を減らしつつ満足できるものばかりだと思いました。


他にもまだまだいっぱい試してみたい商品があるので、少しずつ楽しんで食べていこうと思います!